非常勤医師
辻村 貴士

非常勤医師
坂口 公祥

非常勤医師
牧野 理沙

非常勤医師
藤山 俊晴

非常勤医師 
内科・小児科担当

辻村 貴士

Q.入職のきっかけを教えてください。

成長期のクリニック経営を学べる環境に惹かれた

将来、開業することを考えていました。それで「成長期のクリニックの院長は、何を考え、どのような仕事をしているのか?」それを学びたいと思っていました。

インターネット検索で、溝口ファミリークリニックを知り、「診療以外に、ユニークな取り組みをされているなぁ」と興味を持ちました。
地域イベントへの出展、小中学生対象の医療従事者体験会の開催、弁当店とコラボで生活習慣病に対応したお弁当の企画など、さらには学習塾も主催されています。「地域社会を共に盛り上げる」という姿勢を感じました。
そこで院長に直接連絡して訪問しました。院長は、とても優しくて落ち着いた先生でした。「働きながら勉強したい」という私の気持ちを受け入れてくださり、開業ノウハウの勉強はもちろん、内科や小児診療のトレーニングも可能だと言ってくださいました。それで、こちらで経験を積むことに決めたのです。

 

Q.溝口ファミリークリニックで働く魅力を教えてください。

クリニック運営のアイデアが詰まったクリニック

1つ目は、クリニック運営のアイデアが詰まったクリニックであることです。 

院長やスタッフが、常に改善を繰り返しており、出勤するたびに新しいアイデアや運営のヒントを目の当たりにできます。

「みんなでクリニックを作っていこう」という方針で、私にも問題点や解決策を相談してくださいます。意見が取り入れられることもあり、とてもうれしく思っています。

多種多様なプライマリケアを学べる

2つ目は、多種多様なプライマリケアを学べることです。 

小児から高齢者までさまざまな人が訪れ、新患も毎回数名来ます。ですから、まんべんなく多種多様な領域のプライマリケアを学ぶことができるのです。これは、非常に有意義なことだと感じています。

また、悩んだ時は院長に相談できる環境があり、一人診療にありがちな、方針決定後の微妙なモヤモヤ感を感じることはありませんし、決定に自信を持つこともできます。
院長は神経内科が専門ですが、内科全般、小児にも造詣が深く、困った症例はすぐに相談できます。奥様は小児科医ですし、小児科、皮膚科の非常勤医師も在籍しているため、相談したり、診察を依頼することも可能です。
小さい診療所ではありますが、この分野に関してはちょっとした他科依頼やコンサルトが、溝口ファミリークリニックでは可能なのです。

明るくて素朴なスタッフに癒される

3つ目は、明るくて素朴なスタッフに癒されることです。

他では見たことがないほどスタッフの仲が良く、アットホームであたたかい雰囲気のクリニックです。

現在のスタッフが素晴らしいだけでなく、新人が入職しても素晴らしいスタッフに成長していかれます。それを見ていると、院長の洞察力、組織風土にあった採用に感服します。

これは、クリニックの目標「患者さんもスタッフも、日本で一番笑顔になれるクリニック」を実践している。そのために、日々トライ&エラーを繰り返して改善している。それに尽きるのだと思います。私も、この採用と育成の秘訣をぜひ学びたいと思っています。

マイペースで診療できる

マイペースで診療できることも魅力です。ルーチンはある程度決まっていますが、何人診察しなければいけないというノルマはなく、基本的には自分のやり方で診療ができます。
2診体制が基本で、初診や話の長い患者さんの対応に時間がかかっても、もう一人の医師が対応できる仕組みが作られています。そのため、休暇の取得も柔軟に対応してもらえます。

 

Q.成長できたと思われる部分はどこですか?

院長の仕事を、身をもって知ることができた

院長のアイデアと行動力、経営者としての姿勢から、非常に多くのことを学んでいます。
病院に勤務しているだけなら、診療だけをやっていれば良いのです。しかし、開業して院長をするのであれば、診療より運営やマネジメントに割く時間の方が多くなる。それを身をもって知ることができました。ここでの経験を、今後の人生に生かしていきたいと考えています。

 

Q.仕事の中で、印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

その子は無事に接種して、笑顔で帰ることができました

つい最近の出来事です。予防接種に来た小学生の男の子が、大声で泣きながら母親に引っ張られて診察室に入ってきました。

押さえつけて打つのは到底できないであろう体格の良い子でした。椅子に座ろうともせず、ドアを開けて出ていこうとする勢いでした。

「これは手強そうだな」と思いました。私も1度だけ、「そんなに痛くないよ、5数える間に、・・・」などとお決まりのセリフで説得を試みましたが、全く効果なし。

以前、採血が1回で入らなかったのがトラウマになっているようで、採血と注射が違うことを話しても聞く耳を持ちません。他にも患者さんもいたので、一度退室になりました。

その後別室で、スタッフ2名が根気よく説得してくださいました。その間の患者さんへの対応は、他のスタッフがフォローをされていました。

そして、ついにその子は無事に接種して、笑顔で帰ることができました。母親も深々と頭をさげて感謝され、胸をなでおろしたという表情でした。

「ありがとう」と笑顔の輪が広がった一場面でした。

 

Q.応募を検討されている人へのメッセージをお願いします。

知識や経験だけでなく、経営者としての姿勢を学ぶことができる

まだまだ成長を続けている活気あるクリニックです。将来、開業を考えている先生は、働きながらトレーニングを積むことができます。

この環境で、プライマリ全般を学びたい、学び直したい先生にもおすすめしたいと思います。

子育て中の先生にも、非常に働きやすい環境です。2診体制で、同時に2人の医師が診療にあたっています。ですから、子供の体調不良、家族の行事で休みたい場合も、予約数を調整してカバーできる仕組みが作られています。

「患者さんもスタッフも、日本で一番笑顔になれるクリニック」を、まさに実践している院長の知識や経験、経営者としての姿勢を学ぶことができる。

スタッフは、友達になりたいと思うほど素朴であたたかく、良い人ばかり。

医師として社会の役に立ちながら継続的に学べる環境で、素晴らしいスタッフにサポートしてもらいながら、私は診療をしています。

非常勤医師
日本小児科学会認定小児科専門医・指導医
日本血液学会認定血液専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医
小児血液・がん専門医・みなし指導医、臨床研修指導医

坂口 公祥

Q.入職のきっかけを教えてください。

自分からアプローチしました

非常勤医師として働ける勤務先を探していて、院長に連絡を取ったのがきっかけです。
院長は大学の同期で、一緒に医学の勉強をした仲間です。当時から勉強熱心で人柄も良く、信頼できる存在でした。開業時には内覧会にも来て、クリニックの様子を知っていたので自分からアプローチしました。
働き始めたのは2019年です。それから週1回の勤務を続けています。

 

Q.溝口ファミリークリニックで働く魅力を教えてください。

院長が常に改善を考え、実行している

1つ目は、院長が常に改善を考え、実行しているところです。 

院長は常に、どうしたら組織を良くしていけるか、どうやったら患者さんが来たくなる仕組みを作れるかを考え、実行しています。それがとても勉強になります。

考え方が柔軟で非常にアイデアマンです。たとえば、健康診断の項目をセット化して1万円で提供している「1万円検診」があります。それを聞いた時、「一般の人は検診のことがよくわからないから、そのネーミングと内容なら興味をもつだろう」と感心しました。
検診を受けて健康なら安心できて喜ばれるし、問題が見つかれば通院することになりますよね。「そのきっかけづくりのために、あえて1万円というわかりやすい価格を設定しているんだな」とそのアイデアに脱帽しました。
他にも、赤ちゃん向けの歯磨き教室やスキンケア教室、高齢者向けの生活相談対応、飲食店と協力して生活習慣病対策のメニューを企画するなど、多種多様なことに取り組んでいます。

新しい施策をして患者さんに来てもらう。それが好評なら、家族の人も来てくれるようになる。成長戦略を立てて、少しずつ拡大しながら社会貢献をしていると感じています。

これが、患者さんが来ないクリニックと、たくさん来るクリニックの違いなのだと思いました。

言語化を大切にしている

2つ目は、言語化を大切にしているところです。 

院長が一人で「どうしたら組織を良くしていけるか?」を、考えているだけでなく言語化してスタッフに伝えているところです。

朝礼ではクリニックの方針をみんなで読み合わせます。クレドカードには業務の改善の方法なども書かれていて、方針や考え方がスタッフに浸透していると感じます。

良かった出来事を共有したり、感謝の言葉を伝える時間もあります。朝から良かった出来事を共有すると、みんながポジティブな気持ちになって、気持ちよく仕事をスタートできます。

朝礼で業務連絡はしても、こういったことを行っているクリニックはあまりないですよね。「こういうチームの作り方があるんだな」と思いました。

スタッフが非常に優秀で、学ぶべきところがたくさんある

3つ目は、スタッフが非常に優秀で、学ぶべきところがたくさんあるところです。

スタッフが、非常にテキパキと働いているのが特徴です。患者さんの順番や、検査、診察の段取り、カルテの入力など、患者さんをなるべく待たせないように考えて動いています。

一人ひとりが、「周りの人がスムーズに動くには自分はどうしたら良いか」を常に考えているので、とても働きやすいです。例えば栄養士も診療補助に入るので、入職後しばらくは、誰がどの職種なのかわかりませんでした。
資格のあるなしにかかわらず、皆が助け合って、全体がスムーズに流れる診療体制ができあがっています。

スタッフを教育する仕組みが整っているので、若手の医師を教育している私には、学ぶべきところがたくさんある職場です。

 

Q.成長できたと思われる部分はどこですか?

診療グループの責任者として、経営視点で考えるようになった

病院やクリニックが利益を出すことに対して、ネガティブなイメージを持つ人は少なくないと思います。医療に携わっていると「患者さんを救うためなら身を削ってやれ」という空気を感じることも多く、それにずっと違和感を感じていました。

ですが、こちらに勤務して「医療機関であっても利益は出さなくてはいけない」と確信することができました。

クリニックの方針に「利益はこの事業が社会から認められている証拠である」という文章があるんです。

利益を出すことは意味があるし、利益があるから設備投資やスタッフの教育に使える。何かあった時はそこから補填できるから、クリニックの事業を継続していく力になる。

利益がプラスの循環を生むことをスタッフに言葉で伝えているんです。利益に対して、罪悪感を持たせないような仕組みが作られているんですね。
これは非常に重要なことなのに、多くの医師に欠けている視点ではないかと思います。

私も診療グループの責任者として、「グループとしてどういう形で進めていくと良いのか」「意義のあることなのか」「資金的にどうなのか」など、経営視点で考えるようになりました。

 

Q.仕事の中で、印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

医師が指示しなくても、診察がスムーズに進んでいく

やはり、スタッフが専門分野を超えて助け合いながら働いていることです。
入職した頃、何も指示しなくても、診察がスムーズに進んでいくことに驚きました。今でも、ここまでスタッフの人たちが動くクリニックはないと思っています。

私は、週1回のスポット勤務なので、患者さん一人ひとりの治療の流れを把握しているわけではありません。ですから、とても助かっています。

チーム連携も抜群ですし、気づいたことを「こうしたらどうですか?」と、どんどん提案してくれるんです。「本当にすごいな」と思いながら仕事をしています。

 

Q.応募を検討されている人へのメッセージをお願いします。

新しいことにチャレンジしたい人、気づきや発見を楽しめる人におすすめです

患者数は多く、赤ちゃんから年配まで、幅広い年代の患者さんが訪れます。
院長は神経内科が専門で、認知症にも造詣が深く、管理栄養士、エコーの技師もいます。ですから、生活習慣病の患者さんのかかりつけ医として、さまざまな視点からサポートし、寄り添いながら治療できる仕組みがあります。
対話しながら、助け合いながら、みんなで仕事を進めていく文化があり、風通しの良い働きやすい環境です。

話し合いながら柔軟にさまざまな知識を吸収していきたい人、新しいことにどんどんチャレンジしたい人、気づきや発見を楽しめる人におすすめしたい職場です。

非常勤医師
浜松医科大学 小児科
 
牧野 理沙

Q.入職のきっかけを教えてください。

上司の先生からの紹介でした

それまでは、1つの病院でずっと常勤の医師として働いていました。ですから、大学病院で働きながら、非常勤医師としてクリニックで働くのは初めてでした。
病院では、入院している患者さんを経過を見ながら診察していました。一方、クリニックでは外来の患者さんを診察することになります。私にとっては新たな挑戦でした。
ですが、上司の先生から「溝口先生は良い先生だよ」と聞いていましたので、不安を感じることはなく「ぜひ、勤務してみたい」と思いました。

 

Q.溝口ファミリークリニックで働く魅力を教えてください。

新しいことにチャレンジして成長できる

1つ目は、新しいことにチャレンジできるから、自分の殻をやぶって成長できることです。
院長は、診療だけでなく、「新しいことにチャレンジする」という姿勢を持っています。たとえば、飲食店や体操教室などの異業種とコラボレーションをして、医療を超えた分野でサービスを提供しています。情報発信にも積極的に取り組んでいて、私にもインスタライブの提案をしてくださいました。
発信する内容は、小児科のミニ知識。最初は少し戸惑いましたが、2週間に1度、スタッフと一緒に発信することにしました。

ライブ配信で心がけたのは、誰が聞いてもわかる内容にすること。私たち医師は、無意識に専門用語を使って話す傾向があります。ですから、便秘なら便秘、寝かしつけなら寝かしつけの知識を、いかにわかりやすく伝えるかを考え、毎回の内容を作っていきました。
この経験で、私はより良い医療を提供するための知識を深め、成長することができたと感じています。

安心して出産、育児ができる

2つ目は、安心して出産、育児ができることです。

クリニックに入った初日のことです。院長は「将来出産を考えているなら、ぜひ産休を使ってください」と、言ってくださいました。そのおかげで、「ここなら、のびのびと心置きなく働くことができる」と安心して仕事をはじめることができました。

妊娠の報告をした時も「おめでとうございます。先生がいない間は調整しますから、育休もしっかり取ってください」とお祝いの言葉をいただき、心強く思ったことが忘れられません。「このクリニックで働けて、本当に良かった」と思いました。

スタッフがとても協力的で働きやすい

3つ目は、スタッフがとても協力的なので、働きやすいことです。

スタッフはとても優秀で、気遣いのできる優しい人ばかりです。私が診察に集中できるように、薬の処方、検査のオーダー、電子カルテの操作など、きめ細かくサポートしてくださいます。

それは時間短縮にもつながり、患者さんを待たせる時間も短くなるので、みんなの笑顔と幸せにつながっています。
本当にあたたかく、アットホームな雰囲気で、誰もが笑顔になれる働きやすい職場だと思います。

初めて出勤した日も、皆さんがとても優しく話しかけてくださって、張り詰めていた緊張が解けていくような気持ちになりました。

患者さんにも、診察の前に、お天気の話などちょっとした一言をかけている人が多いです。そうすると、緊張されていた患者さんも笑顔になって、安心して診察室に入ることができます。

 

Q.成長できたと思われる部分はどこですか?

話しやすい雰囲気づくりを心がけるようになった

「患者さんは緊張して病院にいらっしゃる」ということに気づくことができました。

それで、「病気を診るだけではなく、笑顔と話しやすい雰囲気づくりを大切にしていきたい」と思うようになりました。これは、院長やスタッフの姿勢をはじめ、この環境だからこそ学べたことでした。

 

Q.仕事の中で、印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

「院長は、患者さんのために常に時代の先を見ている」と感動した

新型コロナウィルスが流行り始めて、まだ静岡では感染者が出ていなかった頃のことです。

溝口ファミリークリニックでは、どこよりも早く院内感染を防ぐ対策を始めて、風邪症状のある人は、院内ではなく車の中で診察をしていました。

今でこそ、どのクリニックでも普通にやっていることですが、院長は流行り始めた瞬間からそれを実行していたんです。

正直、最初は「え、そこまでやるんだ」と思いました。

でも、周りの病院もそれが当たり前になっていくのを見て、「院長はすごい。まだ誰もしていない頃から、ご自分の判断で正しいことを実行されていたんだ」と理解しました。

コロナのワクチンもいち早く始められ、かかりつけの患者さん達は早い段階で接種することができていました。

多くの病院は、国からガイドラインが出てから、「周りもやっているからうちもやるか」と、ようやく腰を上げるのではないかと思います。

「院長は、患者さんのために、常に時代の先を見ている」と感動しました。院長の情報収集能力の高さと行動力、そして勇気に胸を打たれ、心に残る出来事になりました。

 

Q.応募を検討されている方へのメッセージをお願いします。

納得のいく治療がしたい先生におすすめです

溝口ファミリークリニックは、診療も検査も自分でして、患者さんの経過を診ていきたい、納得のいく治療がしたいと考えている先生におすすめです。
エコー検査技師、栄養士、採血の上手な看護師、さまざまな職種の人がいます。レントゲンも気軽に撮れますし、検査もできるので、簡単な病気だけでなく一歩踏み込んだ診療ができます。
そのうえ、優秀なスタッフのサポートのもとで診療できるので、非常に働きやすい環境です。

非常勤医師
日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医
浜松医科大学医学部附属病院皮膚科 講師

藤山 俊晴

Q.入職のきっかけを教えてください。

診療の知識と幅を広げたかった

院長から皮膚科の非常勤医師として誘われたのがきっかけです。
私は大学病院で、主にクリニックから紹介された患者さんを診察しています。ですから、逆にクリニックの医師がどのような診療をして、どんな考えで患者さんを病院へ紹介するのか気になっていました。
大学病院は、難病・重症の治療を主に行う医療機関ですので、一般的な皮膚疾患を診察することはあまりありません。ですから、クリニックで主に診られている疾患の診療スキルを向上させたいという思いもありました。それでお話があった時「ぜひ、やってみたい」と思ったのです。

 

Q.溝口ファミリークリニックで働く魅力を教えてください。

幅広い年代の患者さんを診察できるようになる

2つ目は、幅広い年代の患者さんを診察できるようになることです。
年配の人から赤ちゃんまで、とてもたくさんの患者さんが来院します。特に子どもの患者さんは多く、入職当初は、次々来院する赤ちゃんに戸惑うほどでした。大学病院では子どもを診察する機会が少ないので、「この1ヶ月で3年分くらいの子どもを診察した」と思いました。
おかげで、小児の診察スキルが非常に高くなり、今では「赤ちゃんの診察は得意です」と言えるまでになりました。

医師として、能力を発揮できる新しいフィールドをもらえたという意識で働いています。

スタッフの人たちと楽しく仕事ができる

3つ目はスタッフの人たちと楽しく仕事ができることです。
入職前、一番気になっていたのは「スタッフとうまく連携しながら仕事ができるだろうか?」ということでした。クリニックは、大学病院とは環境も診療内容も違うため、スタッフの仕事内容や働き方もかなり違います。「自分の診療スタイルとうまく噛み合うだろうか?」と少し不安に思っていました。

でも、それは杞憂でした。スタッフは想像をはるかに上回る良い人ばかり。こちらから頼まなくても、気を配ってくれたり、サポートしてくれるので、困ることは全くありませんでした。逆に「どんな風にしたらいいのかな」と思う時も、スタッフの動きを見ていれば、どうすれば良いかわかるといった感じでした。本当に働きやすくて驚きましたし、今もそう思っています。
明るいアットホームな雰囲気も特徴で、そんな中でいつも楽しく仕事をしています。

クリニックの経営や運営の知識が深められる

1つ目は、クリニックの経営や運営の知識が深まることです。
私は大学病院で、医師のアルバイトを派遣する役をしています。かつては、医師のアルバイトは引く手あまただったのに、最近では派遣を断られるケースも出てきて「なぜだろう?」と思うことがありました。クリニックで働くと、一人の医師が勤務するということはどのくらいの経費がかかり、どれだけの収益をあげないと成り立たないのか、といったことがわかってきて、断られる理由、医療における経営の側面が理解できるようになりました。
これは、大学病院で診療をしているだけでは、なかなか得ることの出来ない知識でした。

こういった経営の内情を、外部の人間に話してくれる院長は少ないと思います。溝口先生は、経営や運営面の知識だけでなく、開業医としての在り方や考え方もオープンに話してくれるのです。
したがって、溝口ファミリークリニックは、病院経営や開業に興味を持っている医師にとっても、学びの多い職場だと思います。

 

Q.成長できたと思われる部分はどこですか?

クリニックの医師が、どんな考えで患者さんを病院に紹介しているのかがよくわかりました

クリニックから紹介された患者さんを診察する時、「これは病院で診た方が良い患者さんだろうか?」と、疑問に思うこともありました。
ですが、逆の立場になって、クリニックの医師が、どんな考えで患者さんを大学病院に紹介しているのかがよくわかりました。
紹介の意図が理解できるようになったことで、病院での診療に向かう気持ちが変わりました。この経験で視野が広がり、非常に良かったと思っています。

 

Q.溝口ファミリークリニックの特徴を教えてください

「ファミリークリニック」という名前にふさわしい、とてもアットホームな雰囲気

病院のスタッフなら、患者さんに寄り添うのは当たり前ですが、こちらでは、それだけでなくお互いがハッピーになるような接し方をしています。「ファミリークリニック」という名前にふさわしい、とてもアットホームな雰囲気なのです。

たくさんの患者さんが来院されるのも、スタッフの対応に心がこもっているからだと思います。患者さんは、「家族ぐるみでつきあって、困ったことがあったらここに来れば大丈夫」と安心しています。

このような姿勢で接すると、患者さんと温かい人間関係が築けるんですね。私は、スタッフの皆さんから患者さんとの接し方を勉強させてもらいました。

 

Q.応募を検討されている方へのメッセージをお願いします。

目標や向上心を持った医師にとって、非常にメリットのある職場

クリニックの経営戦略や運営方法を幅広い視点で学ぶことができます。
例を挙げると、院長は、行動科学やコーチングなどにも精通しているので、それをスタッフ教育やモチベーションアップ、働きやすい体制づくりに活用しています。診察の効率化にもウエイトを置いて、日々改善を繰り返し、独自の診療システムを構築しています。地域連携にも積極的で、さまざまな施設と協力しながら地域貢献に取り組んでいます。

開業医コミュニティの勉強会や、セミナーなど、医療の知識のみならず、多種多様な学びの機会があり視野が広がります。単に働くというだけではなく、非常に良い学びの場所だと思います。積極的に勉強したいと思っている医師におすすめの職場です。

当院の理念に賛同いただける方、一緒に働きませんか?
実際の現場を見学できる「院内見学会」を随時開催しております。
院内の雰囲気や仕事の様子などをオープンにお伝えすることで、ミスマッチを防ぎ、当院で医師として働くイメージを膨らませる機会になればと思います。